1~21番のカードが綴る、大アルカナの物語も

今回の21番目のカード「世界」で終わりとなります。

 

物語の主人公である「愚者」が出会った
さまざまな人や物の教えが
このカードに集約されていると言っても過言ではありません。

 

そんな「世界」のタロットカードの意味について
まずは、絵の内容から読み解いていきましょう♪(^O^)

 

「あなたの復縁の可能性が一番高いタロットカードは?」
相手の気持ち、復縁の可能性に特化したタロットカードの一覧です。

⇒タロットカード全種類一覧「相手の気持ちの解釈や意味」全部見せます。
※長文なのでブックマークがオススメ。「とりあえず、開いてあとで見よう」とかでも良いと思いますよ。

タロットより高精度。相談者の78%が3ヶ月以内に復縁?!その理由とは?

世界の絵の意味について

 

RWS_Tarot_21_World

 

輪に囲まれた1人の人間。背後が青いので、空の上でしょうか。
カードの四隅には何やら生物がいますが、これは10番目のカード「運命の輪」にも描かれていましたね♪

世界のカードのテーマは「完全なる調和」です。

この絵の様子から、こんな意味が読み取れます。

・人間を囲む輪は、月桂樹でできています。中にいる人間は、カードを引いたあなた自身です。

・この人間は布をまとい、性別が分からなくなっていることから、両性具有者とも言われています

・両手には魔法のスティックを持っています。
 あなたは、このスティックでさまざまなことを可能にできるのです。

 

・四隅の生物は、「運命の輪」にも登場した、四大元素の象徴です。
運命の輪ではみな同じ白をしていましたが、今は自分の特性を知りそれぞれの色となっています。

 

「運命の輪」でひと段落ついた物語の、第二部の最終回。
そんなご縁から、運命の輪との関連性を読み取ることができます♪

 

世界の正位置の意味について

 

物語や世界の完成を象徴するカードが
正位置だった場合、こんな意味になります♪

 

・あらゆる面での成功・幸福があります。うまく行きすぎと思わず、めいっぱい喜んで構いません。

・運勢が最高潮を迎えます。千載一遇のチャンスのチャンスをつかみ、良い結果を得られるでしょう。

・それぞれの色に彩られた四大元素の象徴のように、自分の個性を大切にしてください。

・最高の恋愛運です。好きな人と結ばれたり、結婚が現実のものとなり、みんなに祝福されます。

・今までの努力が実るでしょう。

 

これまでも良い知らせのカードはありましたが
最高と言いきってしまうカードは、「世界」以外にないのではないでしょうか?

 

数あるタロットカードの中から、このカードを引き当てたということは
今までの努力が報われたり、恋が実ったりする前兆があります♪

 

カードが出たからといって、油断したりしなければ
必ず良い結果が見えてくるはずですですので、引き続き頑張っていきましょうね(^O^)

 

世界の逆位置の意味について

 

「完全な調和」を意味する「世界」の逆位置というと
かなり、恐ろしいものがありますね(;゚Д゚)

 

果たしてどんな意味になるのか!?
具体的には、こんな感じです。

 

・物事が中途半端に停滞してしまい、落胆してしまいます。

・最後の最後でどんでん返しに遭い、人生に絶望します。現状を維持するだけでも精一杯です。

・障害を乗り越えられず、挫折した自分が情けなくてたまらなくなります。

・愛する人と分かりあうことに限界を感じます。
どんな苦労が待ち受けているか悟り、気持ちが冷めるかもしれません。

・婚約が破棄される可能性もあります。

・これ以上の関係は望めません。

 

こうやって逆位置のみ見ていると絶望的状況に感じますね・・・

 

ただ悲観的になりがちですが、タロットはあくまでも未来の一つの可能性について
私たちに警告してくれているだけなのです。

 

世界の逆位置を引いた時は今の現状に甘んじたりせず
謙虚に堅実に過ごせば必ず解決策はあるはずです。

 

衰退や停滞が暗示される時期で、今は動くべき時ではないと告げているだけなのです。

 

逆位置が出たからといって、悲観的にならずに
冷静に次の一手を熟考するようにしましょうね♪
(感情的に動いては絶対ダメです!)

 

まとめ

 

物語の完成を意味する「世界」のですが
人生においては1~21番のカードの物語を何度となく繰り返します。

 

つまり、「世界」は終わりの始まりでもあるのです(`・ω・´)
そのため、世界を引き当てた時期は
旅行を計画したり、新しい事業を始めるのに適しているとも言われています。

 

新しいことに挑戦したいと思った時
ぜひ、参考にしてみてくださいね♪(^O^)