タロットカードは出たカードの向きによってその読み取り方が変わってきます。

 

今回はお相手の気持ちや復縁の可能性を知りたくて引いたカードが

 

「ワンドの2」

 

であった場合について見ていきましょう。

 

「あなたの復縁の可能性が一番高いタロットカードは?」
相手の気持ち、復縁の可能性に特化したタロットカードの一覧です。

⇒タロットカード全種類一覧「相手の気持ちの解釈や意味」全部見せます。

タロットより高精度。相談者の78%が3ヶ月以内に復縁?!その理由とは?
※長文なのでブックマークがオススメ。「とりあえず、開いてあとで見よう」とかでも良いと思いますよ。

 

「ワンドの2」の絵について

 

 

 

 

・赤い服・マントを身につけ、右手に地球儀のようなものを手にした男性が立っています。

 

・男性の両側には門のように木の棒が立てられ、男性は左手でその片方の棒を握っています。

 

木の棒は情熱の証で、右手には世界を示す地球儀を手にしていることから、この男性は強い意志と支配欲を持った人物であると言えます。

 

また、両側の門をくぐることで新たな境地・冒険が始まるのですが、この男性はまだ門の手前にいるため、今は新たな一歩に向けての目標設定や計画を練っている状況であると考えられます。

 

正位置を引いた場合のお相手の気持ち・復縁の可能性

 

それでは、お相手の気持ちや復縁の可能性について、正位置が出た場合について見ていきましょう。

 

・赤い服・マントを身につけた男性の様

→強い意志と支配欲を持っているのですが、まだその思いを活かす算段をしているようです。

 

・両側の棒状の門をくぐろうとしています。

 

→算段がつき次第、すぐにでも新たな一歩を踏み出そうとしています。

 

お相手はあなたに、お付き合いをすることや、あなたとともに生活をしていくことを告げたい気持ちでいっぱいのようですが、まだどのように、どの機会に伝えれば良いのかと考えを巡らせているようです。

 

また、同時に、今後お相手ご自身が主導権を握りたいと思っており、そうするにはどうすれば良いか、とも考えているようです。

 

正位置を引いた場合 あなたへのアドバイス

 

なんとなくあなたに好意を抱いているけれども特に何の行動も起こしてこない、といったお相手の様子にイライラされることもあるかと思います。

 

ですが、もう間も無くあなたとの将来についての目標や計画が定まりそうですから、お相手から良い報せを聞くことができるでしょう(*^^*)♪

 

逆位置を引いた場合のお相手の気持ち・復縁の可能性

 

逆位置が出た場合はどうでしょうか。

 

・男性の立ち姿がどことなく寂しそうな感じがします。

・門より向こう側になかなか進みそうにありません。

 

逆位置が出た場合は、将来の目標や計画をうまく立てられず、次の一歩を踏み出すことが難しそうな様子を表します。

 

また、たとえ一歩を踏み出したとしても、自らの意志が弱く、主導権が握れないままとなってしまうでしょう。

 

逆位置を引いた場合 あなたへのアドバイス

 

逆位置の場合も正位置のときと同様、あなたはお相手の様子ににイライラが募っていることと思います。

 

また、何気なく二人の将来のことを尋ねても、曖昧な答えしか返ってこないでしょうから、より一層イライラする気持ちが強くなると思います。

 

この場合は、無理にお相手に将来のことを意識させるような言動はせず、ただただ優しく側に寄り添ったり、お相手のことを褒めて自信を持ってもらえるような言葉をかけたりして差し上げると良いでしょう。

 

あなたが好きである気持ちは変わりがありませんので、今はお相手が一歩を踏み出すのを待っていてあげてくださいo(・ω・´o)

 

まとめ

 

ワンドの2は、常に主導権を握りたがり、強い野心を持った人物を表すカードでもあります。

 

また、しっかりとした目標を定め、計画を練ったうえで次の一歩を踏み出す人物です。

 

逆位置が出た場合でも、なんらかのきっかけで新たな一歩を踏み出せば、あとは自分が定めた目標や計画に沿ってしっかりと進んでいきますから、どちらのカードが出た場合でもお相手に身を任せたゆったりとしたお付き合いができることでしょう♪

 

※ここでの解釈はあくまでも一般的なカードの解釈ですので、「絶対に何が何でも復縁したい!!」

という熱い方は、色々手遅れになる前に、一人一人の状況に応じて高精度なアドバイスを頂けるプロの占術を受けてくださいね(。・ω・。)