タロットカードは出たカードの向きによってその読み取り方が変わってきます。

 

今回は元カノ・元カレ(以降、お相手と記します)からLINEの返信が来なくて

こちらからさらにメッセージを送るべきかどうかを知るために引いたカードが

 

「世界」

 

であった場合について見ていきましょう!

 

「あなたの復縁の可能性が一番高いタロットカードは?」
相手の気持ち、復縁の可能性に特化したタロットカードの一覧です。

⇒タロットカード全種類一覧「相手の気持ちの解釈や意味」全部見せます。
※長文なのでブックマークがオススメ。「とりあえず、開いてあとで見よう」とかでも良いと思いますよ。

タロットより高精度。相談者の78%が3ヶ月以内に復縁?!その理由とは?

正位置を引いた場合のお相手の気持ち・復縁の可能性

 

それでは、正位置が出た場合について見ていきましょう。

 

世界のカードは、すべての物事が完成された様子を表しています。

 

ただ、カードの真ん中に描かれている人物の表情は満足げではあるものの、どこか物憂げな表情を浮かべています。

 

お相手もこの人物のように、あなたと疎遠になったことに対して

 

「これでいいのだ」

 

と思いながらも、どこか物足りなさを感じているようです。

 

ですから、あなたからのメッセージを受け取ったことで、もしかすると再び二人の関係を取り戻せるかもしれない、などと考えている可能性があります。

 

正位置を引いた場合 あなたへのアドバイス

 

お相手は今、自身の気持ちを整理しているところであると考えられます。

 

あなたから返信の催促をしても良いですが、お相手の気持ちがまとまるまで時間がかかります。

 

ですから、返信が来るのはもう少し先になると思っていて下さい(´-ω-)

 

また、お相手はわずかではありますが、あなたとよりを戻すことも考えています。

 

ですが、今までとは違ったお付き合いの仕方になるでしょう。

 

というのも、世界のカードは一旦お二人の関係に決着がついたことを表しており、次のステージに向かうことを示唆してもいるからです。

 

もしあなたからメッセージを送るとするならば、

 

「これまでの彼氏・彼女の関係ではなく友人・同僚として良い関係を築こう」

 

といった内容にされると良いでしょう。

 

いずれ時が経ち、お二人の状況や周囲の環境が許せば、以前よりもより良い関係になっているかもしれません(*^^*)

 

逆位置を引いた場合のお相手の気持ち・復縁の可能性

 

逆位置が出た場合はどうでしょうか。

 

逆位置の場合は、築き上げた物事が未完成であったり不十分である様子を表します。

 

また、カードの真ん中の人物も満足感を得ていないように読み取ることができます。

 

したがって、お相手も別れを選んだことに納得ができていない様子だと考えられます。

 

そして、まだまだやり直すことができるだろう、とも考えているようです。

 

逆位置を引いた場合 あなたへのアドバイス

 

お相手はあなたと別れることになったことに納得がいっていなかったり、不満に思っていたりします。

 

なんとかして二人の関係をやり直そうと考えているので、あなたからのメッセージをきっかけに、復縁に向けての動きを早めることでしょう。

 

ですから、もう間もなくお相手の気持ちが込められたメッセージが届くと可能性が高いと言えます(^^)

 

ただ、たとえ復縁の方向に話が進んだとしても、これまでと同じ接し方を続けると、また別れの可能性が高まります。

 

お二人で時間をかけて、別れることになった理由や今後に向けての付き合い方などを話しあう必要があるでしょう(`・ω・´)

 

まとめ

 

世界のカードは物事の決着や完成の意味を持っているため、一旦疎遠になってしまったら、もうその事実は覆すことができないように思われがちです。

 

そのため、お相手からの返信はもうないかもしれない、とも思われるでしょう。

 

ですが、先に記したとおり、どちらの向きが出たとしてもお相手からの返信が来る可能性はあります。

 

ただ、その他の点についても不安や疑問がたくさんあるかと思います。

 

本当に返信があるのか、どんな内容の文章なのか、返信をもらうための文章はどのようなものが良いのか?

 

こうしたあなたの不安や疑問を取り除くためには、この1枚のカードからの結果だけでは不十分です。

 

ですので、より確実にお相手と復縁を考えているのであれば、プロの占い師の方々の意見を参考になさることもご検討くださいね。

 

復縁は一度連絡のタイミングや送信する内容をミスるだけで、全てが水の泡になる可能性もありますので・・・