1~21番のカードが綴る、大アルカナの物語も 今回の21番目のカード「世界」で終わりとなります。   物語の主人公である「愚者」が出会った さまざまな人や物の教えが このカードに集約されていると言っても過言では・・・